遺伝子治療によって癌はどう治療できるのか。

癌の治療に遺伝子治療

ドクター

癌の三大治療

現在、癌は外科手術による摘出、抗がん剤によってがん細胞へ攻撃、放射線照射によるがん細胞のピンポイント攻撃が主な治療法となっています。これらは外科療法、薬剤療法、放射線療法と呼ばれ、癌の三大治療として用いられています。

治療に伴う副作用

癌は上記した三大治療によって治すことができます。しかし、外科療法は体を切開するため患者の体力に大きな負担を与え、放射線療法や薬剤療法は健康な細胞にも大きな負担を与えてしまい、副作用をもたらします。そのため、がん細胞があちこちに転移した場合、患者が治療に耐えきることが不可能となり、治療できないというケースも発生してしまうのです。

副作用の少ない治療

そんな負担が大きいがん治療において、現在注目を集めているのが遺伝子治療です。癌は、細胞の遺伝子情報の異常によって無限に増殖を繰り返す病気です。では、その遺伝子の異常を修復すれば、癌は治療できるのではないかというのが遺伝子治療の着眼点です。

既存の医療との組み合わせ

遺伝子治療はまだ研究段階であり、十分な有効性が証明されていません。しかし、医療現場ではすでに取り入れている病院も多く、既存の治療と組み合わせることで副作用の発生や負担を抑えています。遺伝子治療が将来どうなるかはさらなる研究が必要ですが、確立することで将来三大治療に加わり、四大治療になる可能性も秘めているのです。

広告募集中